eラーニング版
一陸特養成課程

音声付きのテキストだから理解しやすい
選抜試験+養成課程 57,200円(税込)

養成課程なら、国家試験免除で一陸特を取得

通常、一陸特の国家試験は年に3回しか実施されず、合格率も30%程度と難関資格のひとつと言えます。養成課程であれば、54時間の講座と当社作成の試験に合格することで、国家試験を受けずに資格の取得が可能です。合格率も90%以上と高く、さらにeラーニングであれば好きな時間に好きな場所で受講が可能。IoT時代の注目資格である一陸特が、より身近になります。

トライアローは、
挫折者ゼロを目指します

  • 54時間もの講座、1人きりで最後まで頑張れるかな?
  • どうしても理解できない箇所が出てきたら、どうすれば良いのだろう?

挫折者ゼロへの具体的な取り組み

音声付きだからペースがつかみやすい

電子書籍のテキストにプラスして、講師による講義音声を収録しています。臨場感があることでより集中でき、ご自身でテキストを読み進めるだけよりもペースがつかみやすく、理解が深まります。

専用窓口から、講師に直接質問ができる

eラーニング受講者専用の窓口をご用意。学習を進める中でわからない点があれば、専用のシステムから講師へ直接質問ができます。疑問を解決し、より理解を深めながら学習を進められます。

練習問題は解説動画付き

練習問題には講師による解説動画がついているので、より理解が深まります。各章で練習問題を繰り返すことで、自然と修了試験に必要な知識が身につきます。

自分のペースで取れる一陸特 eラーニング

54時間もの講座を1人で受け続けるのは、正直言って楽ではありません。途中で挫折してしまわないか心配される皆様の声を受け、トライアローは「わかりやすさ」「挫折者ゼロ」にこだわってeラーニング版の養成課程を設計しました。IoT時代に注目が集まる一陸特を、ぜひトライアローで取得しませんか?
選抜試験+養成課程 57,200円(税込)

カリキュラム

第一級陸上特殊無線技士・養成課程の内容は、主に無線工学を中心とした内容を学んでいただき、最後に当社作成の修了試験を受験していただきます。
電波の特性
  • 電波の基本性質
  • 真空の固有インピーダンス
  • 電波により運ばれるエネルギー
  • 波長と周波数
電気回路
  • 電流
  • 電圧
  • 電力
  • 回路素子
  • フィルタ
  • 減衰器
  • 導体及び絶縁体
半導体及び電子管
  • 半導体素子
  • 集積回路
  • マイクロ波用電力増幅半導体素子
  • 電子管
多元接続方式
  • 周波数分割多元接続
  • 符号分割多元接続
  • 時分割多元接続
  • 直交周波数分割多元接続
  • ランダムアクセス方式
中継方式
  • 無線中継方式
  • 周波数配列
  • 遠隔監視制御装置
電源
  • 電源回路
  • 電池
  • 浮動充電方式
  • 定電圧定周波数(無停電)電源
電波伝搬
  • 各周波数帯における伝搬特性
  • VHF帯以上の周波数帯における伝搬特性
  • 衛星通信における電波伝搬
  • 回線設計
混信等
  • 混信の種類
  • 一般的な対策
  • 混変調と相互変調
  • 感度抑制効果
  • 影像周波数の混信
  • スプリアス発射
  • 外部雑音による影響
測定
  • 測定器の種類及び構造
  • 測定法
半導体及び電子管
  • 半導体素子
  • 集積回路
  • マイクロ波用電力増幅半導体素子
  • 電子管
電気磁気
  • 電界の基本法則
  • 磁界の基本法則
  • 電流の磁気作用
高周波回路
  • 集中定数回路
  • 分布定数回路
  • 立体回路
通信方式
  • 単信方式
  • 複信方式(同時送話方式)
電子回路
  • 増幅回路
  • 発振回路
  • アナログ形式変調
  • 復調回路
  • パルス変調
  • 伝送信号(ベースバンド信号)
  • デジタル方式変調及び復調回路
無線通信装置(多重化装置を含む)
  • 無線通信装置の基礎
  • デジタル方式無線通信装置
  • 衛星通信のための無線通信装置
  • アナログ方式無線通信装置
レーダー
  • 各種レーダーの原理
  • レーダーの構造
  • レーダーの種類
  • レーダーの性能及び特性
  • 気象用ドップラーレーダー
  • 速度測定用レーダー
  • 侵入検知用レーダー
  • レーダーの取り扱い方法
空中線系
  • 空中線の原理
  • 給電線及び接栓
  • 整合
  • 各周波数帯の違いによる空中線(アンテナ)の形式及び指向性
干渉
  • 地上系多重回線相互間の干渉
  • 地上系多重回線と人工衛星局間の干渉
点検及び保守
  • 空中線系統の点検及び方法
  • 電源系統の点検及び方法
  • 送受信系統の点検及び方法
通信方式
  • 単信方式
  • 複信方式(同時送話方式)

受講資格と優遇条件

養成課程開始前に行う、当社作成の選抜試験に合格した方であればどなたでも受講いただけますが、下記のいずれかに概要する方は、選抜試験が免除となります。

選抜試験免除の条件

高等・中等教育学校等
学校教育法における高等学校、もしくは中等教育学校いずれかの電気科または電気通信科を卒業された方。
※卒業証明書をご用意ください。
大学・短大・高専等
学校教育法における大学、短期大学、高等専門学校または中等教育学校の電気通信に関する課程を卒業、または修了した方。(修了は大学1年次以上、または高等専門学校の3年次以上)
※卒業証明書をご用意ください。
3年以上の実務経験
過去5年以内に通算して3年以上、多重無線設備の補助または搬送端局設備の保守に従事されていた方。
※詳しくは弊社までお尋ねください
3年以上の課程修了
学校教育法による中学校卒業後、修業年限を3年以上とする学校の電気通信の課程を卒業した方。
※卒業証明書をご用意ください。
1年以上の課程修了
学校教育法における高等学校卒業後、修業年限を1年以上とする学校等の電気通信の課程を卒業、または修了した方。(修了は1年以上)
※卒業証明書をご用意ください。
有資格者
第二・第三級総合無線通信士、第一・第二・第四級海上無線通信士又は航空無線通信士の資格を保有している方。
3年以上の実務経験
過去5年以内に通算して3年以上、多重無線設備の補助または搬送端局設備の保守に従事されていた方。
※詳しくは弊社までお尋ねください

お申し込みから免許取得まで

WEBからお申し込み

お支払いはクレジットカード、もしくは銀行振り込みからお選びいただけます。弊社より免許申請に必要な書類一式をお送りしますので、そちらをご記入の上ご返送ください。

選抜試験対策講座の受講スタート

メールにて開始のご案内が届きます。所定のカリキュラムを受講してください。
※選抜試験が免除となる方は、④からのスタートとなります。

受講完了、選抜試験の受験

選抜試験対策講座の受講が完了後、最寄りのCBTテストセンターを予約していただきます。そちらで選抜試験を受験をしていただきます。

一陸特養成課程 受講開始

選抜試験合格後、一陸特養成課程講座に進みます。受講時間は、法規約6時間、無線工学約48時間の内容となっています。受講期間は、選抜試験対策講座から修了試験までを含め、6か月間となります。

受講

章ごとに小テスト(練習問題)があり、合格点を取得すると次の章に進みます。そして、最後のまとめテストに合格すると、修了試験を受けるためのテストセンター予約チケットが発行されます。※小テストはeラーニングのシステム内で行うため、テストセンターへ出向く必要はございません。

受講完了、修了試験の受験予約

予約チケット発行後、お近くのテストセンターにて希望する日時に受験予約をしてください。修了試験は、法規10問、無線工学20問となります。合格点はそれぞれ60点以上となります。

修了試験に合格

これで全課程が修了です。合格の確認が取れましたら、弊社で免許の申請手続きに入ります。管轄局の混雑状況にもよりますが、免許証の発行までには4週間~6週間程度お時間を頂戴しております。

不合格の場合

合格点の60点に満たなかった場合、不合格の科目のみ再受講と再試験ができます。(※1回まで)
再受講・再試験料:5,500円
再試験が不合格だった場合は、最初から受講頂きます。
再受講料(試験料込):29,800円

選抜試験対策講座の受講スタート

メールにて開始のご案内が届きます。所定のカリキュラムを受講してください。
※選抜試験が免除となる方は、④からのスタートとなります。
挫折者ゼロにこだわった、トライアローのeラーニング
選抜試験+養成課程 57,200円(税込)

受講にあたっての留意事項

受講資格

  1. インターネット回線及び、インターネット接続可能なパソコン、タブレット、スマートフォン等の端末が利用可能であり、インターネットでのサイト閲覧スキル(WEBサイトへのアクセス、ID及びパスワードの入力、画面をクリックして項目選択が可能等)をお持ちの方。
    ※メールでのやり取りが中心ですので、パソコンで送受信ができるメールアカウントが必須となります。


  2. 修了試験の受験時に必要な、下記のいずれかの「身分証明書(写真付き)」を所持しており、修了試験会場で提示可能な方

  • パスポート
  • 運転免許証
  • 住民基本台帳カード(写真付き)
  • 無線従事者免許証(交付から10年以内のもの)
  • 運転経歴証明書(交付から10年以内のもの)
  • 工事担任者資格者証(交付から10年以内のもの)
  • 小型船舶操縦免許証

※学生証、社員証、保険証等は不可

注意

下記に該当する方は、受講することができません。
電波法に規定する罪を犯し、罰金以上の刑に処せられ、その執行を終わり又はその 執行を受けることがなくなった日から2年を経過しない方

よくあるご質問

一陸特養成課程について

  • Q
    資格の合格率を教えてください
    A
    これまで90%以上の方が合格し、資格を取得されています(当社のオフライン講座による実績値)
  • Q
    選抜試験に受かるか不安です。どんな問題が出るのでしょうか?また、どんな勉強をしたらいいのでしょうか?
    A
    問題は高校の数学(三角関数、指数対数)、電気物理、電気回路、電子回路などです。選抜試験の前に選抜試験対策講座を行っていますので、安心してお申し込みください。
  • Q
    免許はいつもらえるのでしょうか?
    A
    4週間~6週間程度お時間をいただいております。管轄局の混雑状況によって前後する可能性があります。
  • Q
    選抜試験合格からすぐに養成課程が受講できません。どれぐらい期間をあけても有効でしょうか?
    A
    1年間有効です。ただしトライアローで受験した選抜試験はトライアローが開催する養成課程のみ適用となりますのでご注意下さい。
  • Q
    国家試験との違いは何でしょうか?取得した免許は同じ扱いですか?また、難易度に違いはありますか?
    A
    トライアローの養成講座は、電波法の無線従事者規則に基づき、総務省に認可を受け開講しています。ですので、取得できる免許は国家試験で取得出来るものと同一です。54時間の養成講座を受講し、トライアローが作成した修了試験に合格すると国家資格が取得できます。
    修了試験の難易度は国家試験と同じですが、養成課程では試験に合格出来るように丁寧な講座になっていますので、安心して受講してください。
  • Q
    選抜試験に受かるか不安です。どんな問題が出るのでしょうか?また、どんな勉強をしたらいいのでしょうか?
    A
    問題は高校の数学(三角関数、指数対数)、電気物理、電気回路、電子回路などです。選抜試験の前に選抜試験対策講座を行っていますので、安心してお申し込みください。

お支払い等について

  • Q
    支払後、自己都合のキャンセルをしてしまった場合、支払った受講費は返金してもらえるのでしょうか?
    A
    返金は可能ですが、振込手数料はお客様のご負担となります。
  • Q
    請求書、領収書はもらえますか?
    A
    請求書、領収書ともに発行いたしております。必要の際は、その旨を申込時にご連絡ください。
  • Q
    支払い方法を教えて下さい。クレジットカードは使えますか?
    A
    銀行振り込み、もしくはクレジットカードでのお支払いがお選びいただけます。銀行振り込みを選択された場合は、お申し込み後に振込先を記載したメールを差し上げます。
  • Q
    請求書、領収書はもらえますか?
    A
    請求書、領収書ともに発行いたしております。必要の際は、その旨を申込時にご連絡ください。

お申込み後の流れについて

  • Q
    申込後、詳細などの連絡はどうやってくるのでしょうか?電話ですか?メールですか?
    A
    お申込を確認後、Eメールにてご連絡いたします。ネットでお申込みいただきますと、すぐに自動返信メールが1通送られてきます。そのメールが届かない場合は迷惑メールフォルダのご確認をしていただき、それでも届いていない場合は弊社にお問い合わせください。
    また、アドレスの入力ミス等でこちらからメールが送れない場合は、弊社より電話連絡をさせていただきます。
  • Q
    申し込みをしてからどれくらいで受講できますか?
    A
    WEBにてお申し込みを頂いたあと、クレジット決済、もしくは銀行振り込みにて入金の確認が取れましたら、弊社よりeラーニング受講のご案内を致します。ただし、平日の9:00-18:00の間にご案内をしておりますので、土日祝や夜間にお申し込み・お振込頂いた方は翌営業日のご案内となりますことをご了承下さい。また、スタート日が先のお日にちにてご指定のある方はご連絡下さい。スタート日の設定を致します。
  • Q
    申し込みをしてからどれくらいで受講できますか?
    A
    WEBにてお申し込みを頂いたあと、クレジット決済、もしくは銀行振り込みにて入金の確認が取れましたら、弊社よりeラーニング受講のご案内を致します。ただし、平日の9:00-18:00の間にご案内をしておりますので、土日祝や夜間にお申し込み・お振込頂いた方は翌営業日のご案内となりますことをご了承下さい。また、スタート日が先のお日にちにてご指定のある方はご連絡下さい。スタート日の設定を致します。

eラーニングについて

  • Q
    eラーニングの操作は簡単ですか?
    A
    webにアクセスしたり、IDやパスワードの入力、画面をクリックして選択するなどのスキルがあれば受講は可能です。eラーニングの進め方は、e-ラーニング上にマニュアルをご用意しておりますので、そちらをご覧頂きながら進めることができます。
  • Q
    学習内容の問合せなどは出来ますか?
    A
    eラーニングのシステム上から質問していただくことができます。ご質問の内容によっては、講師からの回答にお時間を頂戴する場合もございますのでご了承下さい。
  • Q
    学習内容の問合せなどは出来ますか?
    A
    eラーニングのシステム上から質問していただくことができます。ご質問の内容によっては、講師からの回答にお時間を頂戴する場合もございますのでご了承下さい。

テストセンターについて

  • Q
    テストセンターってなんですか?
    A
    全国約280箇所にある、CBT試験(パソコンを使用した試験)を受けることの出来る会場となります。ご自身のお住まいの場所から近いところにある会場をお選びいただき、試験を受けることが出来ます。試験は、eラーニングが完了した後、ご自身でご希望の日時、場所をお選びいただきご予約をお願いします。ご案内はメールにて弊社よりお送りいたしますので、そちらに沿ってご予約下さい(試験センターの一覧はこちらから)。
  • テストセンターのご予約に関するお問合せは下記までご連絡下さい
    CBTS受講サポートセンター受験サポートセンター
    TEL:03-5209-0553 (平日10:00〜18:00) E-mail:help@cbt-s.com
  • テストセンターのご予約に関するお問合せは下記までご連絡下さい
    CBTS受講サポートセンター受験サポートセンター
    TEL:03-5209-0553 (平日10:00〜18:00) E-mail:help@cbt-s.com

合否について

  • Q
    合否はいつわかりますか?
    A
    テストセンターでの受験後、その場ですぐに知ることができます。
  • Q
    不合格の場合はどうなりますか?
    A
    不合格の場合、弊社からメールをお送りさせていただきます。その内容に沿って、eラーニングの規定の箇所を再度受講後、1度追試を受験していただきます(有料)。その際に発生した料金は、クレジット決済、もしくは指定の銀行口座へお振込ください。
  • Q
    追試にも不合格になってしまったらどうなりますか?
    A
    追試は1回限り受験が可能です。万が一不合格の場合は、最初から養成課程を受講していただくことになります(選抜試験の受験は必要ありません)。その際の受講料は29,800円(税込)となります。
  • Q
    不合格の場合はどうなりますか?
    A
    不合格の場合、弊社からメールをお送りさせていただきます。その内容に沿って、eラーニングの規定の箇所を再度受講後、1度追試を受験していただきます(有料)。その際に発生した料金は、クレジット決済、もしくは指定の銀行口座へお振込ください。
  • Q
    不合格の場合はどうなりますか?
    A
    不合格の場合、弊社からメールをお送りさせていただきます。その内容に沿って、eラーニングの規定の箇所を再度受講後、1度追試を受験していただきます(有料)。その際に発生した料金は、クレジット決済、もしくは指定の銀行口座へお振込ください。

その他

  • Q
    eラーニングの受講を開始したが、やっぱり中止したいのだけど
    A
    受講中止のご連絡をいただければ、中止していただくことは可能です。ただし、その場合のご返金はいたしかねますので、ぜひ隙間時間などを見つけて最後までチャレンジされることをおすすめします。
挫折者ゼロにこだわった、トライアローのeラーニング
選抜試験+養成課程 57,200円(税込)